03-6721-7255 営業時間│夕方5:00 - 深夜11:00

お品書き
お品書き

お品書き

上質な旬の素材を、その時期の一番美味しい召し上がり方に調理し、ご提供しております。
食べごろを見極め、ひと仕事した握りや、趣向を凝らした小料理を心ゆくまでご堪能下さい。

詳細ページへ

お飲み物
お飲み物

お飲み物

当店は、日本が世界に誇る「すし職人の店」です。世界中の料理や飲み物が混在する中で、日本のオリジナルを提供するべき職種の一員と考えています。
当店にお越しの際は、お寿司に日本酒、焼酎、国産ビール、国産ウイスキー自家製梅酒でお楽しみください。

詳細ページへ

空席状況

蔵六鮨三七味の空席状況をご案内しております。

お席のご確認はこちら

ご予約・お問い合わせ

当店は完全予約制となっております。

◎ご来店頂きましたお客様にお断りやお待たせをさせてしまわぬよう予約制にさせて頂いております。
◎当店の「空席状況欄をご覧いただき空席とお休みを参考の上、メールか電話にてご予約ください。
当日メール予約に付きましては、店主が仕事に入る為メールの確認が出来ません。当日の予約に限り、お電話にて13時よりご予約をお願いします。

メールでのご予約

当日メールは禁止です返事が出来ません。2ヵ月先の予約までOKです。後ほどご返事させて頂きます。

6月のお勧め

【白身のお魚】

1)内湾眞子鰈(神奈川県横須賀)

これからは鰈の時期ですね!河豚に勝るとも劣らない驚きの美味しさです!

3)真鯛(兵庫県)

明石鯛、鳴門鯛は別格の旨味があります。東の佐島鯛、西の明石鯛と比較されますが、個人的には西に軍配です!

4)のど黒、紅瞳(長崎県五島)

幻の魚のどぐろ。その中でも全国一番と称され高級店のみで消費されるのが紅瞳です。とろける、甘い、余韻があり幸せに成る!

5)真鯒(千葉県)

見た目は褒められる姿ではありませんが、一口味わえば河豚にも勝る見事な美味しさの魚です。昆布〆も味わって下さい!

6)鱧(大分県)

豊後水道か淡路産を使います。関東ではあまり人気がありませんが、気品ある美味しさを是非分かった上で味わってみて下さい。

 

【貝類】

1)生トリ貝 (石川県能登)

大きいトリ貝は養殖物が多い中、天然能登の身の厚いトリ貝は甘くて柔らかく驚く甘さが美味しさの秘訣です。

2)煮鮑(千葉県房総半島)

生で硬くて食べられない鮑を極限まで柔らかく炊く江戸時代より伝承された江戸前寿司の仕事を楽しんで頂きたい。当店の肝ソースも天下逸品です!

3)赤貝(宮城県閖上)

時期が終わりました。青柳同様11月までお待ち下さい。

4)平貝(愛知県三河湾)

高価な貝の割に認知度が低い!しかし食べ方ひとつで品があり、貴婦人に例えられる一段階上の通の味です。

5)鮑(千葉県房総半島)

鮑と言えば房総半島で取れる貴重な緑色の雄貝!身の質は硬いが噛み込むと磯野香りと甘さが最高です。日本一の鮑です。

 

【光物】

1)小肌一貫(熊本天草・佐賀・江戸前)

皮目の柔らかさ、身質の白さ、脂の乗り、共に最高の状態です。今は江戸前小肌を使用して赤酢にて〆、3~5日寝かして提供します!赤酢の香りが最高です。

2)真鰯(石川県七尾湾)

特大サイズで丸々太っている上に甘くて旨味が強い!刺身、握り、焼き、何にしても今の鰯は癖が無く美味い!

3)春日子鯛(淡路)

デリケートな〆物です。淡い子鯛の味を最大限に引き出す為に、卵黄酢オボロで3時間〆てから握る手間暇の一品です。

4)真鯵(鹿児島県)

初夏から夏が旬の鰺ですが大分美味しくなって来ました。万人の魚ですが、ここが一番は必ずあります。必ず一番を仕入れます!

 

【その他のネタと一品料理】

1)天然車エビ(鹿児県産)

味噌が甘い!海老の香りが心地よい!身が固くなく食べやすい!夏には東京湾の江戸前車エビを提供できるかも?

2)大善煮の蛸

桜煮ではありません!タコの歯触りを残しつつも、歯切れる柔らかさに秘伝のタレがしみ込んだ逸品です。

3)自家製「唐墨」

一年寝かし・二年寝かし・おやじの自信作唐墨(魚卵のチーズと言っても過言では有りません。他店では味わえない味です!)

4)あん肝の赤ワイン煮

北海道余市産脂の乗ったアンコウの肝を秘伝の出汁に赤ワインをたっぷり使いソフトに煮込みます。五年物の奈良漬けのきざみと共に召し上がって頂きます。

 

 

その他季節ものを取り揃えています。

後はお店に来てからのお楽しみ!(^.^)/