03-6721-7255 営業時間│夕方5:00 - 深夜11:00

お品書き
お品書き

お品書き

上質な旬の素材を、その時期の一番美味しい召し上がり方に調理し、ご提供しております。
食べごろを見極め、ひと仕事した握りや、趣向を凝らした小料理を心ゆくまでご堪能下さい。

詳細ページへ

お飲み物
お飲み物

お飲み物

当店は、日本が世界に誇る「すし職人の店」です。世界中の料理や飲み物が混在する中で、日本のオリジナルを提供するべき職種の一員と考えています。
当店にお越しの際は、お寿司に日本酒、焼酎、国産ビール、国産ウイスキー自家製梅酒でお楽しみください。

詳細ページへ

空席状況

蔵六鮨三七味の空席状況をご案内しております。

お席のご確認はこちら

ご予約・お問い合わせ

当店は完全予約制となっております。

◎ご来店頂きましたお客様にお断りやお待たせをさせてしまわぬよう予約制にさせて頂いております。
◎当店の「空席状況欄をご覧いただき空席とお休みを参考の上、メールか電話にてご予約ください。
当日メール予約は店主が仕事に入る為お返事できません。当日予約に限り、お電話にて13時よりお願いします。

メールでのご予約

当日メールは禁止です返事が出来ません。2ヵ月先の予約までOKです。後ほどご返事させて頂きます。

月のお勧め

【本鮪】

1)大間産本マグロ

年間を通して日本近海マグロが一番美味しい時期が到来しました。

半世紀以上鮪に携わっていますが「黒いダイヤ本鮪」は本当に魚の

中のキングに間違いないですね!

さぁー!日本一の鮪を食べませんか?

【白身のお魚】

1)松皮鰈(北海道)

超幻の白身、松皮鰈を使っています。地元では「タンタカ」と言われるものです。「アイヌ語」

で函館から釧路沖合で取れます。

鰈なのに脂の乗りが素晴らしく噛めば噛むほど旨味が口に広がり特に縁側は幅広で大きく

縁側好きにはたまりません。

まもなく時期も終わります当店で松皮鰈が食べれたら「大吉」です。

2)内湾平目  (東京湾)

この秋より平目が美味しくなります。

特に内湾平目は量が少なく知る人ぞ知る代物で水分量が少なく身の締りがよく甘みの

強さに驚くし一晩寝かすとなお美味しくなります。

3)明石鯛 (兵庫県)

鳴門の渦潮でもまれた鳴門海峡近郊の鯛は餌の豊富さと荒波にもまれ身が締まっていて旨味が

強く刺身でも握でも実に美味しく頂けます。

5)クエ  (長崎県)

近畿地方ではクエ、九州ではアラ、関東ではモロコと呼び名が変わります。

大きな物は30㎏UPとなり貴重で高価な魚です。

身の締りと独特にまったりとした甘い脂が人気です。

6)かわはぎ(大分県)

通人をうならせる「カワハギ肝」の旨さに酔いしれます。

しかしここ数年天文学的な高値で中々使えません?

今回買ったカワハギは大間の鮪の仕入れ値と同じでした!

【貝類】

1)北寄貝(北海道)

長万部から苫小牧の間の噴火湾で取れる北寄貝は柔らかく身が厚く驚きの甘さが特徴です。

刺身でも焼き物でも握っても美味しい貝です。

2)赤貝(宮城県)

貝類の王様閖上の赤貝!これからが最盛期で世界一と言っても過言ではありません。

食べた時の触感や鼻に抜ける磯野香り身が厚く食べ応えも含めてじっくりと味わって下さい。

3)本ミル貝(愛知県)

時期が短いのと数が取れない為に扱っているすし店が少ないことも馴染みが薄いのかなと?

思います。しっかりした触感に品のある甘みと磯野香りが塩と酢橘のコラボレーションで

旨さ倍増です!

【光物】

1)真鯖   (長崎県五島)

気象変動と海水温の変化で季節で取れる鯖事情が大きく変わってしましました。

9月より関東鯖が最盛期を迎えますが全くダメです。2か月遅れで長崎、兵庫県が

美味しくなります。

2)寝かしの小肌 (佐賀県)

丸付け(一貫握り)の時期に成り本来の小肌を味わって下さい。3日~5日寝かしで提供しています。

3)閂サヨリ(東京湾)

冬の光物の「貴婦人」サヨリが出てきました。貴婦人だけにプライドのある値段に買う買わないで

悩みましたが買いました。その夜のお客様に絶賛され気分は最高です。

4)真鰯(北海道)

「溶ける鰯」?真っ白な鰯の皮下脂肪!丸々太っていて甘くて美味しい!細部まで小骨を抜きなお更

隠し包丁を入れて美人に仕立てて握ります⇒すると「溶けます」そして旨い!

 

 

【その他のネタと一品料理】

1)2020年物の唐墨 

一年物から三年物まで扱います。若い美味さ、三年熟成した深い味わいをお好きなお酒と共に楽しんで頂きます

2)トロ沢庵      

トロ沢庵の為に選び抜いたブイの身で作る中落ち鮪は色も鮮やかで限りなく、甘く自然干しの古漬け沢庵との相性最高です

3)赤ワインで炊いたあん肝

握りで提供しています。食べた皆さんが「何?これ👀・・美味い!」と絶賛です!五年間漬けた奈良漬けとの相性が最高です