03-6721-7255 営業時間│夕方5:00 - 深夜11:00

店舗紹介

  • TOP
  • 店舗紹介

親父の手作りHP

 10月26日(水)

 今回は 私の修業時代から現代に至るまで寿司屋の変化と移り変わりを私なりの視点で回想して見ようと思います。

昭和44年信州飯田より上京。初めての着地点が・・・恵比寿 住居地としては立地も良く落ち着いた場所でした。商業地としては現在の様な賑わいは有りませんでしたね?

当時はご来店の売り上げと出前の売り上げが半々くらいのお店が多かったように思います。特に「たち」で頂くお客様に出される刺身の量や舎利の大きさに大きな違いがありました。例えば「トロの刺身」と頼むと・・・暑さ1㎝もある大きな切り身が4切れ、店によっては8切れも出て来る。それが一人前のトロの刺身だ?現代の一切れ二切れが出て来るのとは随分と違いがあります。

鮑の刺身を注文すると大人の手のひらサイズの大きな鮑が一杯丸ごと外した殻の中に収められてドカーンと出てきたもんですよ?

当時は美味しい物を腹いっぱい食べることが夢であり最高の幸せだったのでしょうね!握りのシャリも出前のシャリと同じ大きさで豪快でした。食べるお客さんは40個とか50個をぺろりっと食べていたから凄いですよね?

ジャイアント馬場様は2個をまとめて一口で食べていましたね。20種類の握りで40個、20分位でペロリ・・・聞いて見ると代官山にある「リキパレス」に練習に行く前の「おやつ」だと言っていた。歌手のアイジョウジさんはお米が大好きで、解りやすく例えると現在のコンビニの🍙位のシャリで握って10個位を必ず召し上がっていた。

品数ではなく好きな物だけ腹いっぱい食べるのが贅沢だった時代だったように思います。戦争時代経験者で腹いっぱい食べられる幸せを噛みしめていたのかも知れませんね?自分も東京に来た次の年にステーキを腹いっぱい食べたくて銀座のステーキハウスに給料一か月分を握りしめて2パウンドステーキを食べに行きました。19歳の暮れ・・・お金を持っているか心配だったのか、ウエイトレス、ウエイター、支配人、コック長と4人も確かめに来たよ(笑)コック長が物を見せて言うには「こちらの2パウンドステーキはレスラーとか相撲取りが食べますが一般の方はほとんど召し上がりません」と来たもんだ!仕方ないからお金を見せて「その肉を食べたくて来ましたから焼いて下さい」と言って・・・やっと出て来た。その後は食べ終わるまで肉しか見えていませんでしたね(笑)・・・無事に食べ終わって出てきた時は天下を取った気分でした。(笑)

その後一か月は休まず店のメシで我慢をしていた。

現在は美味しい物を少量数多く頂くのが支流に成っている。当店でも時代と共に開店当時の1980年時代とは大きな変化を余儀なくされている。しかし失われたものも多い様に思える。特に自己主張できる己の意見を言える若者が居なくなった。「おまかせ」頂く姿勢は悪くは有りませんが少なくとも「これとあれが好きで、これは抜いて下さい」位の主張は言えないとね?

日本人なら、すし好きであってほしい。外人さんに負けないように最低作法も身に付けて下さい(^^)/すし屋の親父の独り言

 

我が人生に「すし」あり!今まで以上に「宜しくお願い致します」・・・「一個のすしに命を懸けて」こそ我が人生あり!  セリフが古いね?

頑張った夜は・・美味い寿司と・・美味い酒で・・パーとやって、明日の鋭気とする!
此れこそ「人生の極意」と説く!・・・岡島
店主からのご挨拶

今日は、蔵六鮨三七味のHPへ


※ 素人親父が作っているHPを見て頂けることに感謝申し上げます。

 

店舗のご案内

店舗のご案内

厚さ10センチの檜カウンター、正面には重厚感のある蒔絵の引き戸、大切な魚介を陳列するネタケース、どれも懐かしい六本木時代の物です。

席数こそ9席になりましたが隅々まで私の両手、両足が届きます。お蔭様で丁寧なお仕事ができます。

店舗のご案内
エレベーター前のご案内灯
店舗のご案内
カウンターの正面席
店舗のご案内
トイレに香る茶香炉
店舗のご案内
親方の包丁棚

店舗概要

店舗名 蔵六鮨 三七味(ぞうろくずし みなみ)
代表 岡島 三七
住所 港区南麻布4-2-48 TTCビル2階
電話番号 03-6721-7255
MAIL ご予約・お問い合わせ
営業時間 夕方5:00~深夜11:00まで
カード

利用可(diners 使用不可)

営業形態 完全予約制・禁煙
アクセス ・日比谷線広尾駅より徒歩2分
・六本木から日比谷線で1駅3分です。
・六本木からタクシーで7分(料金は1,000円ほどです)
・品川駅からタクシーで15分(料金は2,000円ほどです)

アクセスマップ

アクセスマップ
日比谷線広尾駅下車、一番出口を出ると外苑西通り広尾交差点に出ます。交差点に東京三菱UFJ銀行側を天現寺方向に150メートル進むとゴルフショップのキャロウエイ、その先に目的のTTCビルがあります。奥に見える5段の階段を上りエレベーターで二階にお越し下さい。
アクセスマップ
二階に上がって右手が蔵六鮨三七味(みなみ)の玄関です。
やはり蔵のイメージを前面に出しました。
蔵の扉を開けて頂くと以前と変わらない威勢のいい掛け声が聞こえてきます。

【お越しの際に注意点】
・外苑西通り沿いにあるTTCビル入口からお入り下さい。
・TTCビルの2階にお店がございます。
タクシーのナビで来ないで下さい。別の場所に案内されます。外苑西通りを西麻布・広尾橋・天現寺方面に進むと広尾橋を過ぎた150メートル先左側にTTCビルがあります。そこで下車してください。