03-6721-7255 営業時間│夕方5:00 - 深夜11:00

店舗紹介

  • TOP
  • 店舗紹介

≪親父の手作りHP≫

 

「緊急事態宣言」が6月20日まで延長されそうです。

 

蔵六鮨三七味の営業は下記の通りです

 

◇ 6月1日(火)より通常営業

◇ 営業時間・・17時~20時まで(6月末まで)

◇ 定休日 ・・日曜日・水曜日

◇ お酒  ・・通常通り

 

2021年 6月13日(日曜日)「12時現在・曇り」

 6月より営業時間こそ17時~20時までの3時間と短い会食時間にも関わらず久々の外食に皆さん

笑顔で終始お寿司を楽しんで居る姿に喜びと手ごたえを感じながら仕事をしています。

 当たり前のことですが今回のコロナ騒ぎで平穏とか通常とかの意味の大きさを痛感しています。

 

 

我が人生に「すし」あり!…「一個のすしに命を懸けます」

我が人生で「すし」こそ生き甲斐!

 頑張った日の夜こそ・・美味い寿司と・・美味い酒で・・パーと!そこで明日の鋭気を養う!
此れこそ「人生の極意」と説く!・・・店主 岡島
店主からのご挨拶

今日は、蔵六鮨三七味のHPへ


※ 素人親父が作っているHPを見て頂けることに感謝申し上げます。

『店主7つのこだわり』

安心、安全を第一に日々精進しています
1)天然食材のみ使用(豊洲市場今日の一番を仕入れる。季節限定の貴重品など)
2)醤油(寿司や刺身に最適な醤油にするために当店オリジナルの割合で作り変えています)
3)入り酒(醤油が日本で生まれる前の調味料で室町~江戸中期まで使われていた物を再現し自家製提供してます)
4)米(40年の経験で理想の米に出会う、一年寝かした古米、会津坂下と新潟米のブレンド米を理想の水分量で乾燥使用)
5)水(東京の水道水では美味い寿司は作れないと1980年より水道水を直結した特殊機械で電気分解しPH9のアルカリイオン水に変換し、出汁、炊飯、氷、水割り水に使用)
6)海苔(今年の海苔の出来栄えを4月頃に業者と味を確認し親方が認めた物を使用します)
7)山葵(豊洲の八百屋がこれぞ日本一の山葵と認めた最高級品御殿場山葵を使用してます)

店舗のご案内

店舗のご案内

厚さ10センチの檜カウンター、正面には重厚感のある蒔絵の引き戸、大切な魚介を陳列するネタケース、どれも懐かしい六本木時代の物です。

席数こそ9席になりましたが隅々まで私の両手、両足が届きます。お蔭様で丁寧なお仕事ができます。

店舗のご案内
エレベーター前のご案内灯
店舗のご案内
カウンターの正面席
店舗のご案内
トイレに香る茶香炉
店舗のご案内
親方の包丁棚

店舗概要

店舗名 蔵六鮨 三七味(ぞうろくずし みなみ)
代表 岡島 三七
住所 港区南麻布4-2-48 TTCビル2階
電話番号 03-6721-7255
MAIL ご予約・お問い合わせ
営業時間

夕方5:30~深夜11:00まで

カード

利用可

営業形態 完全予約制・禁煙
アクセス ・日比谷線広尾駅より徒歩2分
・六本木から日比谷線で1駅3分です。
・六本木からタクシーで7分(料金は1,000円ほどです)
・品川駅からタクシーで15分(料金は2,000円ほどです)

アクセスマップ

アクセスマップ
日比谷線広尾駅下車、一番出口を出ると外苑西通り広尾交差点に出ます。交差点に東京三菱UFJ銀行側を天現寺方向に150メートル進むとゴルフショップのキャロウエイ、その先に目的のTTCビルがあります。奥に見える5段の階段を上りエレベーターで二階にお越し下さい。
アクセスマップ
二階に上がって右手が蔵六鮨三七味(みなみ)の玄関です。
やはり蔵のイメージを前面に出しました。
蔵の扉を開けて頂くと以前と変わらない威勢のいい掛け声が聞こえてきます。

【お越しの際に注意点】
・外苑西通り沿いにあるTTCビル入口からお入り下さい。
・TTCビルの2階にお店がございます。
タクシーのナビで来ないで下さい。別の場所に案内されます。外苑西通りを西麻布・広尾橋・天現寺方面に進むと広尾橋を過ぎた150メートル先左側にTTCビルがあります。そこで下車してください。